So-net無料ブログ作成
検索選択

鳩山内閣、政権末期の麻生内閣以下の評価 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)

 今回の世論調査では、鳩山内閣が掲げる政策など10項目への評価を尋ねたが、全項目で「評価しない」が上回った。首相の指導力や景気対策、外交政策でみると、昨年の衆院選公示直前の麻生内閣の評価よりも低い数字で、有権者の目にはすでに「政権末期」と映っているようだ。

 政権最大の懸案事項になっている米軍普天間飛行場移設問題や高速道路料金の見直しをめぐる対応は7〜8割が「評価しない」と回答。こうした問題の収拾を図れない鳩山由紀夫首相の指導力でも9割が「評価しない」と断じた。景気対策や外交政策など項目の大半でも支持は10%台で、最も評価された「首相の人柄」ですら、36・9%しか評価を得られなかった。

 具体的な政策では、普天間問題が日米関係に「悪影響」と考えている回答は72・4%に上るが、首相が掲げる「5月末の決着」の実現については87・5%が「無理」とみる。その場合の対応では、過半数が「退陣すべきだ」と回答した。また、高速道路料金について民主党の小沢一郎幹事長が異論を唱えたことに、80・7%が「適切ではない」とするなど、民主党政権に対する世論の幅広い懸念が感じられる。

【関連記事】
鳩山首相、沖縄知事発言で「米国とどうのこうのならん」
内閣支持率、さらに下落22.2% 産経・FNN合同世論調査
「支持率低下にもめげず…」平野官房長官
舛添氏「国民は自民党政権望んでいない」
「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相
「裸の王様」次に座るのは…

「最終的には差別禁止法を」=自立支援法訴訟終結で原告と面会−鳩山首相(時事通信)
犬遺棄「もうからないので捨てた」埼玉県警が元町議を詐欺容疑で再逮捕へ(産経新聞)
APECに向け初の大規模訓練=本番はSP1000人超投入−警察庁(時事通信)
路上たばこ逃がしまへんえ〜 京都市、面的に禁止区域拡大(産経新聞)
常磐線 特急と軽ワゴン車衝突、自営業者重傷 茨城・日立(毎日新聞)

<名古屋市版レッドリスト>「絶滅」に13種追加(毎日新聞)

 名古屋市は19日、市内で絶滅の恐れのある野生の動植物をまとめた「名古屋市版レッドリスト2010」を発表した。04年度の「レッドデータブックなごや」を見直し、新たに「絶滅」に13種を追加。前回以降の調査で一部の生息が確認された種もあり、絶滅種は87種から96種になった。一方、前回「情報不足」とされていた国の特別天然記念物ニホンカモシカが同市守山区で生息が確認され「準絶滅危惧(きぐ)」に分類された。

 市生物多様性企画室によると、既に絶滅した維管束植物(シダ植物、種子植物)は計75種。新たに加わったスイレン科のヒメコウホネは水質汚濁、シソ科のミズトラノオは水田耕作放棄が絶滅の原因とされた。一方、動物はアオハダトンボなどが加わり21種だった。また「絶滅の恐れのある種」は見直し前の278種から345種になった。

【関連ニュース
鯨肉:ソウルで提供 日本の調査捕鯨もの密輸か…米大学
米国:禁止の鯨肉提供、米すし店を訴追 連邦検事局
質問なるほドリ:クロマグロはなぜワシントン条約の議題に…=回答・太田圭介
地球と暮らす:/102 ボルネオ保全トラストジャパン 熱帯林保護は恩返し
鯨肉:調査捕鯨の肉、密輸か 日本からソウルへ 遺伝子解析で酷似

土壌汚染処分費15億、支払い拒否 業者らURを提訴 大手町の再開発事業(産経新聞)
「フライトうれしかった」=帰国の旅行客やビジネスマン安堵−モスクワ便到着・成田(時事通信)
<社会人野球>ホンダ鈴鹿など2勝目…日立市長杯予選リーグ(毎日新聞)
道路財政特措法改正案 国交委審議メド立たず 首相、大幅修正を否定(産経新聞)
混合診療解禁などで意見交換−民主党国民生活研究会総会(医療介護CBニュース)

<アカウミガメ>産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)

 アカウミガメの産卵地、渥美半島にある表浜海岸の愛知県豊橋市の砂浜で17日、小中学生ら約300人が清掃活動をした。約6キロにわたって海岸を歩き、ビニール袋やライターなどを拾い集めた。

 10月に名古屋市で開催される国連生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の関連事業。地元で活動するNPO法人「表浜ネットワーク」(田中雄二代表)が企画した。

 アカウミガメは、環境省の絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。同ネットワークによると、表浜海岸に上陸し、産卵するのは5月半ばから9月ごろ。田中代表は「生物の多様性を守るには、浅瀬域の保全も重要。こうした活動を通して子供たちにも意識を持ってもらいたい」と指摘する。

 参加した豊橋市立細谷小6年、加藤宏樹君(11)は「歩いてみると、思っていたよりごみが落ちていた。もっときれいにして、ウミガメに来てほしい」と話していた。【福島祥】

【関連ニュース
鯨肉:ソウルで提供 日本の調査捕鯨もの密輸か…米大学
米国:禁止の鯨肉提供、米すし店を訴追 連邦検事局
質問なるほドリ:クロマグロはなぜワシントン条約の議題に…=回答・太田圭介
地球と暮らす:/102 ボルネオ保全トラストジャパン 熱帯林保護は恩返し
鯨肉:調査捕鯨の肉、密輸か 日本からソウルへ 遺伝子解析で酷似

民主法案判明 ネット選挙解禁へ 今夏の参院選から適用(産経新聞)
「日本の存在示せた」=鳩山首相、帰国の途に(時事通信)
村本さん死因は失血死=司法解剖で警視庁(時事通信)
堺市議5人も“橋下新党”へ(産経新聞)
JR福知山線事故、運転士遺族が労災申請(読売新聞)

<月山スキー場>オープン 白一色、上部は積雪8メートル(毎日新聞)

 春と夏が滑走シーズンとなる山形県西川町の月山スキー場が10日、オープンした。青い空の下、スキーヤーやスノーボーダーが初滑りを楽しんだ。

 月山(標高1984メートル)中腹にある同スキー場は冬季、雪が多過ぎるため閉鎖され、毎年この時期から7月下旬まで営業する。今年の積雪量は例年より1メートルほど少ないものの、標高約1500メートルのゲレンデ上部はまだ8メートルもの雪が。山形市内はあと1週間で桜が見ごろを迎えるが、スキー場は白一色の別世界だ。

 この日午前10時には約800人が訪れ、同県酒田市の会社員、小田実さん(41)は「暖かい太陽の下で景色を見ながら滑れるのがここの醍醐味(だいごみ)」と話していた。【丸山博】

【関連ニュース
帰りたい:私だけのふるさと 古川日出男さん 福島県郡山市
憂楽帳:安積開拓と立岩一郎
写真展:信太さんと塾生の作品、宇都宮できょうまで /栃木
スキー場:大山山ろく4スキー場、微増の14万5900人 目標には届かず /鳥取
九重森林公園スキー場:今季営業終了 「暖冬には勝てない」 /大分

新党応援、憂国の石原知事「血が煮えたぎっている」(産経新聞)
「嵐」が日本の“顔”に 観光立国ナビゲーターに就任(産経新聞)
デイリーNK・高支局長「携帯は社会変えるツール」(産経新聞)
総書記死後も「混乱しない」 都内で講演会(産経新聞)
逮捕の警部補、盗撮も=県警が懲戒処分−富山(時事通信)

麻生前首相、きょう訪台(産経新聞)

 自民党の麻生太郎前首相が5日から4日間の日程で台湾を訪問することが4日、分かった。民間人の招きによるもので家族とともにプライベート日程として訪台する。政治事情視察を目的として国会に届け出されている。

 首相経験者の訪台は珍しく、平成4年3月に福田赳夫元首相が訪れたほか、森喜朗元首相が15年12月に知人の墓参とラグビーワールドカップ日本招致の協力要請、18年11月には台湾当局から勲章を受けるため訪問したことがある。

 一方、麻生氏は15年4月、党政調会長時代に超党派の国会議員団の団長として訪台。当時の台湾与党・民進党との交流シンポジウムに出席し「日台が安全保障で議論することは意義がある」などと意見表明した。

<掘り出しニュース>わさおの“ぶさかわいい”ティッシュ人気 北東北限定(毎日新聞)
<将棋解答>第1301回 解答(毎日新聞)
与謝野元財務相、自民離党届を提出(読売新聞)
片町線遅れ3万2000人影響(産経新聞)
空を流れる黄河があった(産経新聞)

<威力業務妨害>運動場に無断でミカン植える…容疑の男逮捕(毎日新聞)

 宮崎県日向市の市立幸脇(さいわき)小学校(島田尚人校長、16人)の運動場に、土地の所有権を主張する男が無断でミカンの苗木を植えた問題で、県警日向署は6日、同市幸脇、無職、福田究(きわむ)容疑者(59)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。容疑を認めているが「自分の土地だから植えた」と主張しているという。

 逮捕容疑は3月19日午後5時半ごろ〜同22日午後7時ごろにかけて、同小運動場に重機で穴を掘ってミカンの苗木130本を植え、運動場(約400平方メートル)の半分を使用不能にし、業務を妨害したとしている。福田容疑者が雇った3人の作業員についても容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 同市教委などによると、苗木は3月27日に市職員らが撤去し、はがされた芝も既に修復している。土地は1925(大正14)年に市が地主らから買収したとされるが、不動産登記に記録の一部しか残っておらず、所有権を巡って20年ほど前から福田容疑者と市側で話し合いが続いていたという。市は近く土地の所有権を明確にするため民事訴訟を起こす意向だが、一方で福田容疑者に土地の固定資産税を支払わせていたことも分かっており、市側の落ち度も指摘されている。【川上珠実】

【関連ニュース
威力業務妨害容疑:私立中に爆破予告メール 21歳男逮捕
懲戒処分:成人式妨害の自衛官を停職 依願退職へ /長崎
佐世保市成人式妨害:「大人は責任が伴う」 告訴で市長が見解 /長崎
弘前の百貨店爆破予告:被告に有罪判決--地裁支部 /青森
京大病院爆発騒ぎ:元患者の男逮捕へ−−府警

与謝野氏ら詰めの協議へ…新党綱領や党名(読売新聞)
<ヤギ>左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)
<犯罪加害者家族>全国調査 3人に1人「うつ傾向」(毎日新聞)
駅トイレに侵入し、女性襲う 容疑で少年を逮捕(産経新聞)
普天間移設、月内一本化困難 首相が発言後退(産経新聞)

国民生活センター理事長、応募33人全員が不合格(読売新聞)

 初めて公募された国民生活センターの理事長について、福島消費者相は30日の記者会見で、「応募のあった33人の中に適任者がいなかった」として、応募者以外から選考すると発表した。

 現在の中名生(なかのみょう)隆理事長が31日で退任することから、4月1日から当分の間、理事長は不在となる。

 中名生理事長が今年2月、任期途中での辞職を表明したことを受け、消費者庁は一般からの公募を行った。3月1日までに公務員OBを含めて計33人の応募があった。大学教授など外部の有識者5人による選考委員会で、書類審査や面接試験を実施してきたが、適任者がいないという結論になった。

 今後、福島消費者相ら政務三役で適任者を選び、改めて選考委員会で審査をする。

 福島消費者相は「改革の熱意のある人をすみやかに選びたい」と話している。

<地下銀行>30億円送金 ベトナム人男女4人を容疑で逮捕(毎日新聞)
満額支給、修正を示唆=子ども手当、給食費にも−仙谷戦略相(時事通信)
子ども手当 外国人タレントから疑問続々「母国に子供いてラッキー」(産経新聞)
鍵貸与は「掃除のため、問題ない」中井氏が見解(読売新聞)
5歳児餓死、母親「腕にアイロン当てた」(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。