So-net無料ブログ作成

<浅草の高層マンション>都条例不適合に検査員が確認済証(毎日新聞)

 東京・浅草の浅草寺近くに建設中の高層マンション(地上37階建て、高さ約130メートル)について、建物の防火区画が都条例で義務づけられた基準に適合していないのに建築確認済証を交付したなどとして、国土交通省は26日、確認検査機関の検査員を業務禁止1カ月とし、同検査機関に監督命令を出した。

 この検査機関は国交相指定の財団法人「ベターリビング」(千代田区)。マンションを巡っては、宗教法人・浅草寺などが「下町の景観が損なわれる」などとして、都とベターリビングを相手取り、計画許可の処分取り消しなどを求めて係争中。

 マンションは12年完成予定で既に着工し、基礎工事段階。国交省によると、検査員が条例を独自に解釈していたなどとして、都建築審査会が昨年12月、建築計画を不適合と裁決して確認済証が失効した。

 建築主の大手不動産会社「藤和不動産」(中央区)によると、工事を中断して計画を作り直した。ベターリビングから再度、建築確認済証の交付を受け、1月8日に工事を再開したという。【石原聖】

【関連ニュース】
節分:「福は内」園児350人が豆まき 東京・浅草寺
節分会:赤鬼に負けるな−−東京・浅草寺
コメディ映画祭:笑いの聖地・浅草で開幕 栄誉賞・小沢昭一ら芸者衆と赤じゅうたん

<訃報>田中常夫さん82歳=元日本陸上競技連盟理事(毎日新聞)
最高税率上げ検討=所得税改革で−菅財務相(時事通信)
漬け置きでは不十分=ソフトコンタクトはこすり洗いを−厚労省(時事通信)
<鳩山首相>公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応(毎日新聞)
厳冬の避暑地、誘客へ秘策 山梨・清里で「寒いほどお得フェア」(産経新聞)

高校受験の教育費、8割超が負担(産経新聞)

 第一生命経済研究所は今年1月、中学3年の受験生を持つ全国の30〜59歳(平均年齢43.63歳)の母親計600人に高校受験について調査した。

 教育費の負担感については「かなり負担」が最も多く、45.3%、「少し負担」が39.7%で、全体の85%が負担を感じていた。中学3年間の教育費の合計は平均103.1万円。世帯所得600万円超で121.8万円、600万円以下で73.5万円だった。

 教育費がかかるために取った対策(複数回答)については、「レジャーの支出を控える」が最多で49.3%。「夫の小遣いを減らした」が8.3%だったのに対し、「自分の小遣いを減らした」(17%)、「自分が仕事に就いた」(16.3%)など、母親への影響が大きい傾向にあった。

 一方、「子供の将来、学歴と資格のどちらが大事か」については、学歴は32.6%にとどまり、資格が67.4%を占めた。最も多い回答は「学歴も大事だが資格の方が大切だ」で、全体の60.2%だった。

「首相が徴税責任者、悲喜劇だ」党首討論で谷垣氏(読売新聞)
希少種アホウドリのヒナ死亡=土砂流入で−東京・伊豆諸島(時事通信)
山内議員元秘書を逮捕 立場悪用、金策に奔走(産経新聞)
<もんじゅ>運転再開を容認 原子力安全委(毎日新聞)
「子どもたちを守るワクチンの普及を」(医療介護CBニュース)

食パンに針混入=67歳女を逮捕−三重県警(時事通信)

 三重県四日市市の大型スーパーで先月、食パン2袋から縫い針が見つかった事件で、県警四日市北署などは18日、偽計業務妨害容疑で、同市富田一色町、パート清掃員伊藤富佐子容疑者(67)を逮捕した。同署によると、「なぜか入れてしまった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は先月18日午後7時20分ごろ、四日市市富州原町の「ジャスコ四日市北店」で食品売り場に陳列されていた食パン2袋に、いずれも長さ約3センチの縫い針2本を差し込み、同店の営業を妨害した疑い。 

【関連ニュース】
厚揚げパックに待ち針=スーパーで客が購入
「中学爆破する」市に予告メール=小学校含み休校に
食パン2袋から針=13日にも同店舗で3本
刺身と菓子パンから針=三重
つみれ汁にも針混入=同じスーパーで3本

山内衆院議員の元秘書逮捕=3千万円詐取容疑−警視庁(時事通信)
トヨタ急加速事故急増「死者34人」米安全局(読売新聞)
<ソーセージ>BSE発生国の牛肉使用…中部空港で見つかる(毎日新聞)
「金なくなり自暴自棄に」=竪山容疑者を送検−千葉大生殺害放火(時事通信)
東大受験生を応援「合格したら1万円」 本郷商店会(産経新聞)

関大8億円投資実った!大輔賞作る!…在学生78年ぶりメダル(スポーツ報知)

 男子フィギュアスケート・高橋大輔(23)の銅メダル獲得に、在籍する関西大は熱狂に包まれた。関大現役生メダリストは、1932年のロス五輪で大島鎌吉さん(故人)が三段跳びで銅メダルを獲得して以来78年ぶり。体育会の栄誉を表彰する「大島賞」に続く「高橋賞」がつくられるプランも浮上した。06年に8億円をかけて専用スケートリンクを建設するなど、思い切った強化策が実を結んだ。

 大阪・吹田市のキャンパスで行われた応援会。約700人が集まった会場が一瞬だけ静まった。高橋の3位以上が決まったウィアの得点が表示されると、「メダル確定ですっ!」と応援団が絶叫。学生は飛び上がり、大学役員は握手。同じ長光歌子コーチ(58)の下で練習し、高橋を「大ちゃん」と慕うスケート部の沢田亜紀副主将(21)は「演技が終わったときの涙は初めて見た」と、もらい泣きした。

 かつては学生スポーツの名門だった関大に、78年ぶりに五輪メダルをもたらした。上原洋允理事長(76)は「褒めてやりたい。記念碑(設立)は考えないと」と興奮。高橋が五輪前に学長に“おねだり”していた第2専用リンク建設については「これから考えなアカン」と豪快に笑った。

 関大は32年のロス五輪銅メダリストの大島さんをたたえて「大島鎌吉スポーツ文化賞」を88年に制定。顕著な成績を残した団体、個人に贈られており、大学関係者は「将来的に『高橋賞』ができるかも」と話した。

 大学院2年の高橋と、7位に入賞した文学部4年の織田信成(22)が、「フィギュアの関大」を世界にアピールした。60年代に佐藤信夫、久美子(旧姓・大川)夫妻という2人の五輪代表を輩出して以降は目立った選手が出なかったが、03年度に導入した新入試制度で有望選手が続々入部。高橋3年、織田2年の06年には総工費8億円をかけた国際競技規格の専用リンクが完成した。年間維持費2500万円の支出も、五輪の表彰台という「成果」が即効で出た形だ。

 関大には五輪へのカンパで数百万円の資金が集まった。高橋には日本オリンピック委員会(JOC)と日本スケート連盟から、各100万円の報奨金が出ることが決まったが、関大は「表彰金より次の養成費に」(上原理事長)。四大陸選手権で2位に入った2年の町田樹(19)らホープもいる。女子フィギュアの有力選手を次々に輩出する名古屋に匹敵するフィギュア王国・関大へ。高橋と織田の凱旋時にはキャンパス内でのパレードも検討されている。



 【関連記事】
高橋に聞く「自分をほめたい」…フィギュア
鈴木明子、大輔から刺激…フィギュア
高橋が銅!日本勢史上初のメダル獲得…フィギュア
高橋、日本男子初のメダル!堂々の「銅」…フィギュアスケート
高橋大輔 銅メダル 現役生 を調べる

民由合併前、必ずしも意味せず=「民主らしさ」で釈明−鳩山首相(時事通信)
参院選、小坂氏ら6人公認=自民(時事通信)
減収深刻な大阪府予算、“橋下流”改革も限界に(産経新聞)
女性メタボ、腹囲80センチ? =診断基準の見直しも−3万人超解析・厚労省研究班(時事通信)
<詩音被告>ケタミン使用有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)

<雑記帳>江戸時代のオランダ料理再現 岩手・一関(毎日新聞)

 岩手県一関市の酒造会社「世嬉(せき)の一」は20日、同市出身で江戸時代の蘭学(らんがく)者、大槻玄沢が私塾で振る舞ったというオランダ料理を再現、新酒を楽しむ会で提供した。

 玄沢の料理は「オランダ正月」と呼ばれた長崎・出島のオランダ人の祝宴をまねたもの。同社は当時の資料から、ほうれん草のポタージュや鶏のクリーム煮、魚のムニエルなど5品を用意した。

 今では普通の西洋料理だが、同社は「当時、新しいものに挑戦していた玄沢の精神を学びたい」と企画。新酒とともに舌鼓を打つ参加者の五臓六腑(ごぞうろっぷ)に、進取の気風が染みたようだった。【山中章子】

【関連ニュース】
企画展:「江戸時代の刈谷藩 維新の真の魁・天誅組」−−31日まで市美術館 /愛知
「お姫様の婚礼道具」展:江戸時代の漆器を集め−−九州国立博物館 /福岡

北教組資金、民主・小林氏陣営側が違法性を認識(読売新聞)
<シー・シェパード>メンバー1人が調査捕鯨船に侵入(毎日新聞)
<普天間移設>福島党首「陸上案」に反対(毎日新聞)
子ども手当は無駄削減で=行政刷新相(時事通信)
<関西大>日本史で出題ミス 新たに11人合格(毎日新聞)

看護師の新資格を検討=医療行為の一部可能に−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は18日、一定の医学的教育を受け高い臨床能力を身に付けた看護師を新たな職種(仮称・特定看護師)として位置付ける素案をまとめ、同省の「チーム医療の推進に関する検討会」に示した。現在は医師しか行えない医療行為の一部を担えるようになる。同検討会でさらに議論し、年度内に報告書をまとめる予定。
 法律上、医療行為は医師のみに許され、看護師は医師の指示の下で「診療の補助」を行うとされる。しかし、それぞれの業務範囲に明確な規定はなく、知識・経験の豊かな看護師の能力を生かし切れず、医師に過大な負担がかかっている現状がある。
 素案は、一般の看護師と特定看護師を区別し、特定看護師であれば安全に実施できる医療行為を明確化する必要があると指摘。具体例として▽重症度評価や治療効果判定のための検査▽気管内挿管・抜管▽患者の状態に応じた薬剤の選択・使用−などを挙げた。 

認知症の専門医「全然足りない」―武田認知症対策専門官(医療介護CBニュース)
税制改革案も参院選公約に 自民・石破氏が表明(産経新聞)
個所付け資料、民主分とは別と前原国交相=自民反発し「原本」要求(時事通信)
<火災>名古屋市緑区でアパートの部屋燃える 男性が死亡(毎日新聞)
時効撤廃、改正後に迅速施行=法務省(時事通信)

<糖尿病>働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象(毎日新聞)

 働き盛りのサラリーマンの糖尿病対策の実態を調べるため、独立行政法人「労働者健康福祉機構」が国内企業を対象とした初の調査を実施する。糖尿病患者の多くは、30〜40代で血糖値が上昇し、発症するとされる。しかし、働いている人は仕事が忙しいなどで、治療の継続が難しく悪化させがちだ。同機構は、働く糖尿病患者・予備群の治療や勤務の実態を明らかにし、就労と治療の両立を実現する職場ガイドライン作成を目指す。

 調査では、糖尿病の治療や予防対策が必要な社員数、治療実績や検査値の推移の把握状況、勤務形態などを尋ねる。来月下旬ごろから東証、大証、名証の1、2部上場企業約5000社に調査票を配布、続いて中小企業約1万社にも広げる。

 軽い糖尿病や予備群は自覚症状がなく、治療の継続が難しい。一方、多くの企業は、健康診断で異常値が見つかっても受診を促すだけで、通院状況や血糖値の推移までは把握していないという。

 調査の計画に携わった堀田饒(にぎし)・中部労災病院長は「調査で実態を把握し、治療と仕事が両立できる職場環境づくりを提言したい」と話す。【永山悦子】

 ◇国内の糖尿病患者

 07年の厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、患者は約890万人、血糖値が異常値ではないものの正常値を上回る予備群が約1320万人となり、患者と予備群で計約2210万人、10年前の1.6倍に達した。

【関連ニュース】
<写真特集>世界糖尿病デー 各地でブルーライトアップ
<特集>糖尿病講座
社説:メタボ健診 科学根拠に制度見直せ
糖尿病:中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」
メタボ健診:腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で

<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
トランスデジタル元副社長ら逮捕=特定社に債権譲渡−民事再生法違反容疑・警視庁(時事通信)
アパート火災、男性2人死亡=女性1人軽傷−大阪(時事通信)
予算案、年度内成立へ=3月1日にも衆院通過−与党方針(時事通信)
同級生「残念」と一言=大森さん告別式−石巻殺傷事件(時事通信)

<名古屋市営地下鉄>線路に女性、はねられて死亡…伏見駅(毎日新聞)

 11日午後10時55分ごろ、名古屋市中区錦2の市営地下鉄鶴舞線伏見駅で、女性が上小田井発赤池行きの電車にはねられ、外傷性ショックで収容先の病院で死亡した。県警中署の調べでは、愛知県日進市の病院職員(29)。目撃者の話では、女性は線路からホーム(高さ1.25メートル)にはい上がろうとしているところを、進入してきた電車と接触したという。同署で経緯を調べている。

 市交通局によると、当時ホームには人が少なかったという。この影響で同線は約40分間、運転を見合わせ、約700人に影響が出た。【山田一晶】

【関連ニュース】
列車往来危険:受験でストレス、踏切に自転車…中3を逮捕
山手線:線路内に男性 緊急停止3万人に影響
JR京浜東北線:男性はねられ重体 ダイヤ乱れ3万人影響
JR福知山線脱線:元2部長の不起訴不当議決 検察審
列車事故:特急とトラック衝突 乗客ら41人負傷 北海道

鯨肉窃盗、無罪を主張=グリーンピース2人初公判−青森地裁(時事通信)
L&G元会長に懲役18年求刑 「円天、空前の大詐欺」(産経新聞)
日吉駅で全裸騒ぎ慶大生9人、少年審判不開始(読売新聞)
包丁準備し侵入か=監禁場所を現場検証−石巻3人殺傷・宮城県警(時事通信)
<雑記帳>雇用対策でアイスづくり 千葉・市原(毎日新聞)

支持率低迷 「政治とカネの問題ある」と鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日朝、各社の世論調査で内閣支持率が低迷していることについて「一つは政治とカネの問題がある。国民に丁寧に説明し尽くしていかねばいけない。民主党らしさ、これから出す。(国民は)昔のような歯切れの良さを求めている」と述べた。首相や民主党の小沢一郎幹事長をめぐる一連の問題が影響を及ぼしているとの認識を示した発言だ。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相はまた「予算審議を終えて、国民に政策の民主党だから、政策が実現したときに、国民が政権交代が正しかったとの気持ちになると確信する」とも語り、支持率反転に自信を見せた。

【関連記事】
「脱税王だ!」“子ども首相”逆ギレもマザコン「母に…」
首相「子分に金配っていない」 与謝野氏の話を否定
【主張】納税者は皆、怒っている 国税は悪質脱税を告発せよ
首相がブログ読者集めお茶会 子ども手当に感謝の声続出
[産経・FNN世論調査] 30歳代女性に小沢氏への嫌悪感

枝野氏を行政刷新相に起用 公務員制度改革へ(産経新聞)
泣き止まぬ長男揺さぶる 虐待で父を逮捕(産経新聞)
普天間、5月までに結論=米上院太平洋小委員長に説明−岡田外相(時事通信)
足利再審 「無罪の言い渡しがされるべきことは明らか」論告全文(産経新聞)
社民、小沢氏に政倫審出席促す方針(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。